BooBoo KITCHEN 山奥の村で4匹のウサギと暮らす日々

| カレンダー | ウサギの本 | エントリ | コメント | トラックバック | カテゴリ | アーカイブ | リンク | プロフィール | 連絡先とか |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
想い出にかわるまで 14:07




早いもので、母Booが亡くなってから二週間が過ぎました。
それまでのバタバタとした生活から一転して、
ゆっくりとした時間が流れる山奥での田舎暮らしに戻りつつあります。

闘病中とは違い、時間に追われることも、電話を握り締める事も、
来て欲しくない現実が近づいてくる重圧が迫ってくる事も無くなりました。
闘病中は、一日が無事に過ぎてホッとするのと同時に、残された時間が一日減るという現実を、歯を食いしばりながら見つめる毎日でしたが、
今となってはそれも、夢でも見ていたのかと思うくらい、田舎での時間は平穏に流れています。

自分ひとりとウサギの事だけを気にしていたら良い生活。
闘病中は、なかなかウサギの世話まで手が回らず、ウサ達の生活パターンも不安定な物になっていましたが、それでもなんとか耐えてくれたウサ達には、良く頑張ってくれたな、と感謝してます。

元々私は一人暮らしの経験が長いので、一人で適当に生きていく事に不自由はしないですが、久しぶりにひとりの生活になってみると、ひとりってこんなにつまらないものだったのかと驚いています。
正直言って、悲しいとか寂しいとかいう感情は大丈夫なのですが、日常生活のささいなやり取りや出来事において、一人少なくなった事に戸惑います。

今までも至って地味で平凡な暮らしをしていた訳で、毎日毎日、特に変化の無い生活だったのですが、そんな平凡な暮らしが、どれだけ素晴らしい生活だったのか、今更ながら気づかされました。
仕事の事、ウサギの事、友人の事、他人から見たらおそらくツマランと思われるやりとりの数々が、なんとも懐かしく思い出されます。







先の日曜日に、母Booと良く行ったお店に友人達と食事に行ってきました。
母Booが私と知り合う前からお気に入りだったお店で、私と一緒になってからも、
外食はほとんどしないBoo家では唯一、定期的に訪れていたお店です。

マスター夫妻とも親しくさせて頂いており、闘病中も色々とお世話になっていたので、そのお礼も兼ねていたのですが、その夜は閉店後まで母Booの思い出話をしてました。

普通ならしんみりとしたムードになるのでしょうが、実際は泣き笑いの笑の方が多く、にぎやかで楽しい時間となったのは、マスターが仰ったように、母Booの人柄ゆえの事だと思います。

ウサ友さんが母Booの事を、飾らない人柄が愛しいと仰ってくださったのですが、
確かに飾り過ぎないくらい飾りっ気のない子でした。
マイペースで頑固。
闘病中もその性格は変わらず、お世話になった主治医の先生やクリニックのスタッフの方にも、「彼女は強い人だね」「こんなに我侭言わない患者さんは初めて」と褒めてもらってました。

泣き言や愚痴は、当然良く言ってましたが、でも最期まで自分の感情よりも周りの人の気持ちを気遣い、気にしていました。

亡くなってから、母Booのお母さんに聞いたのですが、実家での在宅治療が始まった時に
「父Booと一緒になれて私は本当に幸せだった、だから私が死んでも可哀そうなんて思わないで」と言ったそうです。

なんだかなぁ・・・と思います。
私も逆の立場だったら同じ事を言ってたでしょうが、闘病中のことを色々と考えてしまいました。

母Booに対して、やりたかった事、やるべき事、言いたい事、言うべき事、
そして、何が出来て、何が出来なかったのかは、私が一番良く判っている事。
友人や知人の方は、私に対して暖かく気遣いの言葉をかけて下さるのですが、
出来なかった事の方が多かったのは、事実です。
こうしたい、こう言いたい、そう思っても体も口も動かなかった。
でも、おそらく彼女は判っていたと思います。
「そういうところがあんたらしいなぁ」と苦笑していたんだろうなぁ、と。

彼女がお母さんに残した言葉、「しっかりしてや、そんなんじゃ危なっかしくて安心して先に行けへんやんか」という私へのメッセージのような気がしてます。
彼女と一緒になってから、彼女に対して随分と偉そうな事ばかり言ってましたが、
でも、今になって思うと、教えてもらったことが多いのは私の方みたいです。

でも、いや、だから、後悔はしていません。
出来なかった事も多いですが、でも、それもこれもみんな含めての私なんだと素直に思ってます。

母Booと過ごした5年間、短い期間だったけれど、彼女と出会えて、一緒に過ごせて本当に良かったと思います。
良い事も悪い事も、楽しい時も辛い時もあったけど、今となっては全てが良い想い出。

「出会って、一緒になれて、本当に良かったと思ってるで、何にも後悔なんてしてへんよ。めっちゃ幸せだったよ」

これが、母Booに言いたかったのに、最期まで言えなかった言葉。
「今頃何言ってんの」って怒ってるかな?。







本当はブログに書くような事では無いのは承知のうえで書いたこのエントリを持って、
「BooBoo Kitchen」最後のエントリとしたいと思います。
細々と続けてきたブログでしたが、このブログのお陰で様々な方と交流を持てることが出来、ブログを初めて本当に良かったと思ってます。

読み返してみると、様々な思い出が詰まっているこのブログ、今までお付き合い頂いた方には本当に感謝の気持ちで一杯です。

今まで交流できた方々とこれっきりになってしまうのは寂しいので、いつかまた違う場所で再開しようと思ってます。
その時にはまた、Boo家のことを宜しくお願いいたします。



もみじ4ウサに関してはミクシィでアップしていこうかなと思っているので、良かったら覗いて見てやって下さい。もみじ
| 日々 | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 父Boo
スポンサーサイト 14:07
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








大変ご無沙汰しておりました。
ブログにコメントいただいてたのになかなか遊びに来れずすみませんでした。
今日改めて奥様への記事を読み返し、感動しています。
うちの母も余命半年と言われてから2年が経ちました。
闘病生活と「いつ死ぬか分からない」と恐怖にも慣れてきた自分がいます。
いいのか悪いのか分からないけど、残された命を頑張って生きるしかない。
そう思ってます。
ミクシィ、うさちゃんのこと載ってますか?
利用したことないので、どうやって見れるか教えていただきたいです。
posted by 東京ファーム | 2009/02/23 11:52 AM |
父Booさん、4うさちゃん、お久しぶりです。
ずっとお仕事がお忙しいんだろうと思っていたので、最初、驚きが大きく言葉になりませんでした。
とてもステキな関係ですよね。
温かさや優しさが伝わってきます。
うちのしなもかに会いに来てくれないかな、母Booさん。
クロちゃんとモカの違いを見つけに来てください、待ってますと伝えてください。

ブログ閉鎖されるんですね。
私がブログ始める前から覗かせてもらっていたんで・・・さみしいです。
4うさちゃんたち若い!
ついうちの子と同じ歳ぐらいと思ってしまいますがお兄さん、お姉さんなんですよね。

放置ブログ筆頭管理人はこのしなもかママがきちんと引き継ぎますので(笑
あ〜いつも以上にまとまりのない文章でごめんなさい。
mixiで4うさちゃんたちに会えるのを楽しみにしています。
posted by しなもかママ | 2008/10/26 10:49 PM |
BooBooKitchen、締めてしまいはるんやな・・・
父Booさんと母Booさんのあったかさがいっぱいのブログやったから
ホンマにさみしいで・・・。

この記事読んで、母Booさんって、ホンマにホンマに
あったかくてエエヒトやったんや、って
改めて思ったで。
神様、エエヒトをとっとと手元に連れてくって
ホンマやったんやな。。。
バチあたってもエエから言わせて貰うで。
神様のアホ。

でも、母Booさん、きっとお空で父Booさんとうさーずを
見てくれてはるんやんな。
オレ、母Booさんと父Booさんにお家に来てもらいたかったんや。
母Booさん、遊びに来てくれはるかなぁ。

おかんがな、父Booさんと母Booさんとお会いしたときに
ホンマに暖かい絆でつながれてるエエご夫婦や!
て思ったんやって。
せやからな、父Booさんが言うたりしたりできひんかったコトでも
母Booさんは絶対判ってはったって!!

父Booさん、これからはミクシィでお会いできるんかな?
寒くなるからな、
お身体にはホンマ気ぃつけてな。約束やで!!
posted by 権造 | 2008/10/25 1:03 AM |
今日は、朝からどしゃ降りの雨です。
山小屋も雨なのでしょうね。

ブログがなくなってしまうのは、寂しいことですが、
mixiでまた4ウサちゃん達に逢えるのを楽しみにしています。

母Booさん、本当にありがとうございました。


父Booさん、元気出していきましょう。
こんな事しか言えません。

野山の草花は、美しいですね。
posted by つきおかん | 2008/10/23 11:28 AM |
母Booさんがお亡くなりになられて、もう2週間ですか……。
時のたつのは本当に早いものですね。

母Booさんが実家のお母さんにおっしゃった言葉を拝読して、胸が
熱くなりました。父Booさんと共に暮らされた日々は、母Booさんに
とって、1日1日が宝物だったのですね。

父Booさんが伝えられなかった言葉は、きっと母Booさんに届いて
いると思います。笑顔で受けとめてくださっていますよ、きっと。

以前にも書いたのですが、母Booさんにはたった2度しかお会い
できませんでした。でも、温かみと優しさがあふれ出ていた素敵な
笑顔は忘れることができません。

思い起こせば、うちのウサがクロちゃんに似ていることから、
お伺いするようになったこちらのブログ。それがご縁となって、
父Booさん、母Booさん、そして4うさちゃんに出会えた私も
幸せ者です。

母Booさんには感謝の思いを一杯こめて「ありがとうございました。」
と申し上げたいです。

父Booさん。母Booさんのお骨がお墓に納められたら、ぜひお参り
させて下さいね。

このブログがなくなってしまうのは寂しいですが、ミクシィで
4うさちゃんのことや、父Booさんの近況を教えて下さいね。
楽しみにしています。

posted by 神戸のかものはし | 2008/10/22 11:54 PM |
初めて会ったのはたった数年前。
でも、そう思えないのです、不思議と。
とても濃い時を彼女と過ごせたと思っています。
もちろん、もっともっとそんな時間を持ちたかった。
日常のふとした時に、彼女の不在に気付き、
あれこれと思いを馳せるのですが、
寂しい思いと一緒に、この間の時間のように泣き笑いのような
表情になってる自分に気付くのです。
それは、彼女の人柄がそうさせるのです。
母Booさんに会えて、本当に良かった。
「いや〜ん照れるやんw」と声が聞こえてきそうです。


posted by しままま | 2008/10/22 3:30 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://booboo-usagi.jugem.jp/trackback/279
<< NEW | TOP | OLD>>